Blog

テレビ映像

 

 

 

【海外のTVに出ました!】

 

 

先日、ベトナム政府主催の大規模なイベントである「観世音祭り」で

私は書道パフォーマンスをさせていただきました。

 

政府関係者よりご依頼をいただいたこともあり、

ニュースでも私のことをご紹介していただきました。

 

ホーチミンTVとダナンTVに取材をしていただき、とても嬉しかったです。

 

TVの様子はこちらです。

 

テレビの写真

 

 

11147967_10206437809363663_1350805163_o

 

今回は写真ですが、今後動画の映像も公開していきますね。

 

 

お祭りのオープニングで書道パフォーマンスをさせていただいたので、

かなり多くの方にご覧になっていただきました。

 

また、様々な新聞社にも掲載していただきました。

今回私は漢字一文字で「慈」と書きました。

 

作品はこちらです。

慈

 

 

世界の人々が愛情でつながることを願って、

この文字を書かせていただきました。

 

 

いやー、それにしてもベトナムの皆様はとても心が温かいです。

街でも多くの方々に声を掛けていただきました。

 

イベントが開催された観世音寺では、

主僧のご厚意により精進料理をいただきました。

 

またフュージョンマイアというリゾートホテルをご経営されている方からも

特別なレセプションパーティーにご招待していただきました。

 

素晴らしい方々との貴重なご縁がつながり、非常に光栄でした。

 

 

今回、ベトナムでのイベントに関係してくださった方々と

応援してくださった皆様に深く感謝致しております。

 

 

私は今後も書道と教育を通じて、

一人でも多くの方に元気を伝えられるように日々活動に励んでいきます。

 

 

私は経験して学んだことは、教育活動を通じて人に伝えると決めています。

 

それは高校教師をしていた頃に

「生きた教育」が必要だと痛感したからです。

 

「生きた教育」とは、ただ教科書に書いてあることを教えるのではなく、

実体験を元にして教育活動を展開するという意味で私はいつも伝えています。

 

私は今後も高いレベルの活動を目指し

そのことを全て教育活動に活かしていきます。

 

一人でも多くの人が自らの可能性を開くことができるように

私も活動を進めていきます。

 

 

さて、早速ですが、帰国後に特別なベントを開催します。

 

私と会いたいというメッセージをくださっている方々もいらっしゃるので、

感謝の気持ちを込めてイベントを開催します。

 

詳細はこちらです。

http://syodoukacou.xsrv.jp/12lesson

 

このイベントでは、美しい字が書けるようになることに限らず、

好きなことを仕事にする極意も伝えていきます。

 

 

とてもありがたいことに私のイベントには

飛行機や新幹線をご利用してお越しくださっている方々もいます。

 

心を込めてイベントを開催します。

あなたとお会いできることを心から楽しみにしています。

 

会場で会った時には、ぜひお話をしましょう!

 

 

ちなみに最近活動を進めているLINE@ですが、

おかげさまで多くの方からメッセージをいただいています。

 

LINE@でも交流できると私もすごく嬉しいです。

スマホから今ご覧になっている方はこちらのリンクからどうぞ。
http://line.me/ti/p/%40sakamotokoichi

 

PCでご覧になっている方はLINEを開いていただき、

「@sakamotokoichi」をID検索なさってください。

 

LINEでも楽しんでいきましょう!

 

 

それでは、明日も素敵な1日をお過ごしください。

 

__________________________________

 

美文字レッスンは基本練習を進めていきましょう。

今日は「幸いです」と書きます。

 

 

______________________________

 

 

書道家幸の活動をさらに知りたい方は公式メルマガにご登録ください。

こちらからご登録できます。

⇒ 書道家幸 人生が変わるメールマガジン「生きざま」

 

メルマガにて日々作品を公開しています。

心を込めて、熱いメッセージをあなたに届けます。

 

スクリーンショット 2014-03-29 9.08.27

 

私は塾でもレッスンを行っております。

 

私の活動や塾に関してのお問い合わせはこちらにメールをお送り下さい。

mail@shodoukacou.net

 

書道家幸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。