Blog

中国人表紙

 

公式メールマガジンを発行しています。

→ 書道家幸 人生が変わるメールマガジン「生きざま」

___________________

 

 

【美味しいビジネスにだまされるなよ!】

 

 

こちらは今日、天気が良くて、

気持ちの良い1日でした。

 

あなたはどんな1日でしたか?

 

自分は家の近くにある

カフェに行ってきましたよ。

 

そうしたら、隣の席はネットワーク系の商品を

販売されている人だったんですね。

 

んー、ゆったりとお茶を飲もうと思っていましたが、

隣の会話が気になってしまいました。笑

 

隣の席は2人組で、同じネットワークの商品を販売している

先輩と後輩が相談しているようでしたね。

 

ちなみに、私はネットワーク系の何かの商品を

人に販売することはお勧めしません。

 

この意見に対して、

賛否両論があるとは思いますよ。

 

ただ、そういった活動をするのなら、

自分の好きなことや特技を仕事にした方が

絶対に良いと私は思っています。

 

それに、今ではインターネットで物販をして

収入を増やしている人も増えていますよね。

 

さて、話は戻りますが、

カフェで隣から聞こえてきた話によると、

どうやら後輩の人が商品を全然販売できないようなんですね。

 

というか、全く行動していない感じです。

 

「頑張れ!」

と先輩が応援していましたよ。

 

けど、営業もしたことのない素人の状態で、

商品を対面で人に売るのは、かなり難しいですよね。

 

それで、そのネットワーク系の商品が

良いかどうかは別なんですが、

話が聞こえてくる中で人生をより良くするために

大事なことがふと、頭に浮かびました。

 

あの、仕事に限らず、どんな分野でもそうですが、

なかなか行動できない人っているじゃないですか。

 

ちなみに、実は私は行動できない人と話すことに

凄く興味があるんですね。

 

って、こんなことを言っていたら

変な風に思われてしまうかもしれません。

 

でも、行動できない人が

行動して成果を出せるようになる瞬間には、

大きな感動があるんですよ。

 

それに、人が成果を出せるようになる教育活動をすれば、

世の中の沢山の人に喜びを与えられるようにもなれるんですね。

 

ところで、凄く単純に言ってしまえば、

「やってしまえば、先に進める」

ということって、

いっぱいあるじゃないですか。

 

だけど、行動できない人は、

頭でそれがわかっていても動けない

という状態になっていることもあるんですね。

 

こうなってしまっているのは、本人の中で、

「心に何か引っかかっている」

ということがあったりするわけなんですよ。

 

様々な例がありますが、行動できない人の多くの場合、

活動することに対して、どこか否定的な感情を

持っている場合が多いです。

 

けど、例外として、時々、全く行動せずに

何でもできると思っている人がいますが、

それは、考え方としておかしいですよね。

 

そういった状態の人は、

大至急、やるべきことをやった方が良いです。

 

先ほど話したような行動できない人に

なってしまっている状態の場合。

 

活動しながら自分を高める楽しさを

味わえるようになるということが重要なんですね。

 

例えば、やるべきことがあった時に、

「やりたくない」

「できない」

「無理」

とか、思ってしまうことって

あるじゃないですか。

 

強引に聞こえるかもしれませんが、

それって、やっていないから

そう思ってしまうというのはあると思います。

 

やってみたら意外とできたりすることも

あると思うんですよ。

 

もちろん、取り組む活動の難易度が高ければ、

すぐにはできないですよね。

 

けど、やって経験を重ねるからこそ、

できる感覚は掴めていくものです。

 

やはり行動しなければ、結局、

今のような人生が続いてしまうんですね。

 

ここで重い話になってしまいますが、

たった一度の人生の中で、

不満を抱えたまま生きていくというのは、

どうしても、つらく感じませんか?

 

だから、

「まずはやってみる」

というのは、単純過ぎますが、

物凄く大事だと思いますね。

 

そして、その中で活動への

楽しみを見出すのが大切です。

 

また、実は、

「活動しよう」

と思っている時点で、

凄く良いことだと思いますよ。

 

そう思った自分を良い意味で褒めて、

それからまた一歩踏み出すのも良いと思うんですね。

 

一般的には成長を認められないことでも

細やかに自己成長を味わえるというのは、

とても大事なことです。

 

それに、基本的に前向きに

どんどん活動できる人は、

「できる」

と心の中で思っている人が多いですね。

 

だから、細やかなことでも自分を認めることは

やはり大切だと思います。

 

また、活動しながら自己成長を楽しめるようになると

誰かに行動しろと言われなくても

積極的に動けるようになるんですね。

 

そういう状態になったら

人生を良い方向に変えていく活動を

自らできるようになります。

 

自分のことを悪く責めすぎず、

小さなことでも褒めながら進むのは、

なかなか活動できない人にとって、

かなり重要だと思いますね。

 

さて、今日は

「前向きに活動しやすくなる心の在り方」

について話をしてきました。

 

近日に開催するイベントでは、

「あらゆる分野で早く成果を出せる方法」

についても、詳しく話をしていきます。

 

でも、「早く成果を出せる方法」というのが

抽象的過ぎて、怪しいと思う人がいるかもしれませんね。

 

ですが、イベントはおかげさまで

大好評をいただいています。

 

実際に、このイベントに参加後、

世界を自由に旅したり、

月収が100万円を超える人が

続々と誕生しているんですね。

 

イベントについての詳細なご案内はこちらです。

 

 

→ イベントの詳細なご案内

 

 

 

このご案内をご覧になって、

字を上達できることと人生を変えることへのつながりに、

違和感を持つことがあるかもしれません。

 

私はこのイベントで、ご参加された方が

短時間で字を上達するという体験から、

「発想を変えることで一気に成長できる」

ということを伝えているんですね。

 
発想を変えて成長する感覚が掴めれば、

あらゆる分野の活動で、圧倒的に早く成果を出せるようになります。

 

非常にお勧めのイベントですので、

楽しみにしていてくださいね。

 

また、イベントにご参加された方には

感謝の気持ちを込めて、

「15の特典」をプレゼントしています。

 

特典の一覧はこちらです。

 

【15の特典】

【特典1】

「人生が変わる7つのマインドセット(PDF教材)」

【特典2】

「目標を達成するために欠かせない3つの要素 (PDF教材)」

【特典3】

「夢を叶えるために必要なこと「環境編」(PDF教材)」

【特典4】

「夢を叶えるために必要なこと「師匠編」(PDF教材)」

【特典5】

「行動を継続するために必要な10のこと(PDF教材)」

【特典6】

「大きな目標を達成できない人に共通する7つのこと (PDF教材)」

【特典7】

「プレゼンテーション(授業)の極意(PDF教材)」

【特典8】

「人生を変えるオリジナルノートの原稿(PDF教材)」

【特典9】

「人生を変えるオリジナルノートの解説 (PDF教材)」

【特典10】

「2秒で美文字になる極意(動画教材)」

【特典11】

「文を美しく書く極意(動画教材)」

【特典12】

「美文字になるオススメの3つの筆記用具(PDF教材)」

【特典13】

「書作品「今日の一文字」 厳選30点(PDF教材)」

【特典14】

「全国1位を育てた教育者としての心得 (PDF教材)」

【特典15】

「美文字レッスンひらがな全編

ひらがな46字の美文字解説動画(動画教材10本)」

 

以上が特典の内容です。

 

「15の特典」の詳細はご案内にも

書かれていますので、ご覧ください。

 

→ イベントの詳細なご案内

 

このイベントで人生を変えるために

必要なことを掴んでください。

 

会場でお会いした時には、

お話をしましょう。

 

それでは、明日も素敵な1日をお過ごしください。

 

___________________

 

今日は「なにぬねの」と書きます。

 

 

______________________________

 

書道家幸の活動をさらに知りたい方は公式メルマガにご登録ください。

 

こちらからご登録できます。

 

⇒ 書道家幸 人生が変わるメールマガジン「生きざま」

 

メルマガにて日々作品を公開しています。

 

心を込めて、熱いメッセージをあなたに届けます。

 

スクリーンショット 2014-03-29 9.08.27

 

私は塾でもレッスンを行っております。

 

私の活動や塾に関してのお問い合わせはこちらにメールをお送り下さい。

 

mail@shodoukacou.net

 

書道家幸

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。